ヤングジョッキーズトライアルラウンド浦和に行ってきた

中央競馬地方競馬の若手ジョッキーが覇を競う
ヤングジョッキーズシリーズのトライアルラウンドを見に
浦和競馬場に行ってきました。

f:id:shiny1114:20201022001000j:plain

新型コロナウィルス感染拡大防止のため
現在浦和競馬場では指定席を座席数を絞った上で
申込抽選による入場制限を行っていますが
この日ヤングジョッキートライアルで
岩手競馬から関本玲花騎手が参戦するということで
ダメ元で申し込みしてみたら
その抽選に当たったので見に行ってきました。

午前中は用事があったので
東北道を飛ばしまくって浦和競馬場に着いたのが13時ちょうど。
6Rにエキストラ騎乗していた関本玲花騎手が勝ったと同時に
駐車場に車を停めたというなんともタイミングの悪いw
ヤングジョッキーズシリーズの第1戦には間に合ったのでヨシ!(違)

入場前に体温測定をパスし、指定席料金を支払って座席を指定。
3号スタンドの4階にあるD42を確保。
なぜそこにしたかというと自分のラッキー№である42と
そのエリアカラーが緑だったから(笑)
もっとゴール寄りも取れたけど、そこのエリアカラーがオレンジ
スワローズファンとしたらそこはさすがに…。

入場したら特典で専門紙が一部無料でもらえるので
岩手や南関ではケイシュウを買っているので選んだのですが
南関ケイシュウってブックタイプだったっけ?と思ったら
コロナの影響による経費削減のための紙面変更なのだとか(泣)
あとJBC2020のタオルハンカチ、そしてマークシートをごっそりもらえたw
(そんなにマークしないから要らないんだけどさ)

さっそくパドックへ。
7Rヤングジョッキーズトライアル浦和第1戦のパドック周回が始まってました。

f:id:shiny1114:20201021225513j:plain

決められた人数しか入っていないので、パドックは多くても30人くらい。

f:id:shiny1114:20201021225650j:plain

関本玲花騎手にカメラを向けてるファンの数が多いこと多いこと(自分もそうだが)。
この2戦でいい結果を残してファイナルへ進むだけ。

本馬場入場後、入場前に取っておいた3号スタンドの4階指定席へ。
エレベーターで行くのですが、間違って1階に降りてきたおじいちゃんが
4階に行くというので一緒に行こうと思ったら「5階なんだよね」って、おい。

f:id:shiny1114:20201021225424j:plain

通常だとモニタを挟んで座席が並ぶ2人席のような感じですが、
ひとつのモニタをひとりで使うような並びに。
なのでテレビの横は物が置きたい放題なので、ひどい所はチューハイの缶や
乾き物のおつまみや新聞が散乱してたとこもw

7Rは考える時間がなかったので
とりあえず関本玲花騎手が乗る⑪の単複を購入。

ヤングジョッキートライアル浦和第1戦はJRA・菅原明良騎手が勝利。
関本玲花騎手は直線伸びて3着争いで入線。
3頭が絡む長い写真判定の結果、3着は関本玲花騎手と大井・吉井章騎手が
同着でともに15ポイントを獲得することに。

f:id:shiny1114:20201021230606j:plain

いやー玲花ちゃん持ってるわ(複勝210円もついた)。
これは第2戦も期待できそう。

ここまでの成績はこちら。
画像


第2戦はパドックで良く見えた大井・吉井章騎手の⑦、
浦和・赤津和希騎手の⑫と玲花ちゃんの⑩の
馬連&ワイドボックスと⑩の単複を購入。

結果は大井・吉井章騎手騎乗の⑦が1着。
しかし⑩⑫が4着以下だったので馬券は外れ。
関本玲花騎手は後方から最後の直線で追い込むことができず10着。

あとでウチに帰ってVTRを見てみたら、
浦和・福原杏騎手②が外に寄れて外から追い込もうとしてた
玲花ちゃんの進路をふさいでるではないですか。

f:id:shiny1114:20201021232126j:plain

福原、なに進路ふさいんどんじゃボケェ!(暴言)

えー落ち着いたところで…

玲花ちゃんは上位4戦のポイントを積み重ねることができず
トライアルラウンドを終了。
地方競馬東日本地区の上位4人が年末の園田・阪神で行われる
ファイナルラウンドに出場できますが、暫定4位で大井の最終戦の結果次第で
出場できるかどうかが決まります。

画像
f:id:shiny1114:20201021231707p:plain

ファイナル進出を望む関本玲花おじさんたちは11/5大井での最終戦
JRA勢と池谷、吉井で上位を独占してもらうようお祈りしておきましょう。

10Rから最終12RまではJBC Fan Fun Day 2020 というJBC2020のPRで
大井競馬場でファンファーレを演奏する
東京トゥインクルファンファーレ隊による生演奏でした。


20201021 浦和競馬10R 秋日和特別 大井一般ファンファーレ


20201021 浦和競馬11R 埼玉新聞栄冠賞(SⅢ) 浦和重賞ファンファーレ


20201021 浦和競馬12R 陽月特別 門別一般ファンファーレ


この日のメインレースは埼玉新聞栄冠賞(SⅢ)。
1着馬には11/25浦和記念(JpnⅡ)への優先出走権が与えられる前哨戦。

こちらもパドックで良く見えた馬を見て判断。
②から⑤⑦⑨へ3連複と②→⑤⑦→⑤⑦⑨の3連単を購入。

結果は⑤⑨②で3連複のみゲット(1,130円)。
枠単、馬単よりも安いw
f:id:shiny1114:20201022000602j:plain

優勝した⑤タービランスに騎乗していた大井・笹川翼騎手は
次走浦和記念で中央勢とどれだけやれるか楽しみとコメント。

そして最終12R、関本玲花騎手この日2戦目のエキストラ騎乗。

f:id:shiny1114:20201022000821j:plain

エキストラは2戦とも浦和・平山真希厩舎の馬に騎乗でした。
結果は4着でしたが、見せ場はありました。


あとは場内の様子を。

馬券の購入は指定席エリアのみの発売となります。
その他の発売機は払戻専用以外は稼働していません。
なので、いちいち自分の購入した指定席まで戻って購入しないといけないという
それはそれは面倒なわけで。

パドック
本馬場入場終わったら指定席エリアへ移動
→馬券購入
→またスタンドへ戻る。

これの繰り返し。

久しぶりに紙馬券を手にしました。
マークシートのつけかたも忘れてなかった。よかったよかったw

売店は指定席エリアとスタンド脇は2店舗と埼玉県物産売り場のみ空いてました。
うどんやそばといった麺類やスナック(フランクフルトとか)、
カレーは食べられます。酒類も売ってた。
f:id:shiny1114:20201022002013j:plain
ジョッキー勝負服マスクは物産売り場にあります。

屋外スタンド席での観戦は不可です。座れません。立って見ることになります。

f:id:shiny1114:20201022002314j:plain

観戦可能なのはゴール前とウィナーズサークル周辺のみです。
夕方になると寒くなってきたので、レース始まるまではスタンド内に避難。

この日は車で来ましたが、車を停められるのは第2駐車場のみ。
南浦和駅から無料バスも運行されていました。


久しぶりに競馬場での観戦で、馬券成績は…でしたが
生で馬の走りを見られたのは嬉しかったですね。

早く落ち着いてまた自由にスタンドを行き来できるようになればいいですけどね。。。

BCリーグも有観客試合開催

久しぶりにブログ書こうと思って、前回のブログの日付確認したら
1年も空いてる!しかも関東酷暑ダービーの結果書いてない!(爆)

そんなもんはどうでもよいので、ブログ更新。

-----

きのう(7/10)NPBでは有観客試合が始まりましたが、
BCリーグでも本格的に有観客試合が始まりました。

f:id:shiny1114:20200711231516j:plain

栃木ゴールデンブレーブス(GB)はきょう7/11からのホームゲームで
有観客試合を実施することになり、きょう足利で行われた茨城戦では
両球団のファンクラブ会員とスポンサー企業関係者のみの入場が可能となりました。

入場時に体温測定と万が一感染者が発生した場合の
感染経路がわかるよう連絡先の記入があり、
入場は1塁側、退場は3塁側とスムーズな移動ができるように導線が引かれてました。

f:id:shiny1114:20200711232253j:plain

入退場は一方通行(トイレまでは両方向OK)。ごみ箱をなくして各自ごみ持ち帰りに。

球場内の座席は一列あたり2,3人ごとにひとり座れるように
内野席すべてにテープなどで×で貼られていました。
これを本拠地の小山ならまだしも、他の球場でこのようにしているので
選手やスタッフ総出でこれをやったと思うと気が遠くなりますわ。。。

f:id:shiny1114:20200711232630j:plain

f:id:shiny1114:20200711232644j:plain

試合開催日は球場の周りに飲食のテントがたくさん並んでいるのですが、
きょうは嶋田屋酒店と18DINERSの2店舗だけかな?(3店舗だったような…)
18DINERSにからあげを買いに行ったら店員さんから
「ちょっと前は大人数並んでましたよ」と。結構密やないかい。
あとから揚げの入ったパックをビニール袋に入れずに直で渡されたので
(縦に持ってたらから揚げに塗ってたソースが腕に垂れてもう最悪…)
マイバッグ持って行ったほうがいいかも。あとごみ捨てる用の袋も。

f:id:shiny1114:20200711233404j:plain

球場でのビールはうまい(車運転だからノンアルコール)

スタンドはファンクラブ会員、スポンサー関係者のみとはいえ
屋根のある部分は雨予報ということもあって9割は埋まってました。
地元紙では入場者が128人と書いてましたが、実際もっといたぞ…ああスポンサーか。
あと、地元のマスコミも取材はスタンドでやっているので、
地元ローカル局で見たことのあるレポーターさんもいたし、
それを含めたら200人は超えていたかな。

f:id:shiny1114:20200711234654j:plain

足利市運動公園硬式野球

試合開始は午前中に降った雨の影響で30分遅れ。

f:id:shiny1114:20200711232600j:plain

雨でぬかるんでるグラウンドを整備。ヤスシもホームベースを拭くお手伝い

試合中は鳴り物の応援ができないため、拍手のみしかできませんが
ヒットや得点、ファインプレイなど一打席ごとに大きな拍手が起こってました。
茨城のファンは少ない人数ながらも手拍子して応援してましたよ。
ラッパがだめならお笑い芸人のきつねのような音響機器使って応援歌を流して
手拍子だけならいいような気がしますけど。

 

足利の球場にくるのは2年ぶり。全足利クラブとのオープン戦で
村田修一がホームラン放った試合以来ですかね。
球場のスコアボードが一面LED化されてきれいになっていて
スコアだけでなく、画像まで映すことができるようになってました。
(昨年までは選手名が書きこめないくらいボロボロ…)
このようにLED化した方が修理するより安上がりとか聞いたことがある。

f:id:shiny1114:20200711234625j:plain

f:id:shiny1114:20200711235110j:plain

選手紹介をビジョンで表示。個人スポンサーの企業名も表示。

このスコアボード、シンプルな画面でスピードガン表示も出るのだけど
ピッチャーが投げたときよりもキャッチャーの返球に反応してばかりで
ちょっと設定がおかしいw

試合の方はといいますと…

f:id:shiny1114:20200712001227j:plain

栃木ゴールデンブレーブス 16 - 2 茨城アストロプラネッツ

栃木、圧勝でございます。


昨年の優勝メンバーで年齢制限に近い選手が多く抜けて
ほぼ新しいメンバーとして今年を迎えたわけですが
チームがレベルアップしているような気がします。

 

きょう先発の手塚は昨年までローテの谷間で投げてたような
印象でしかありませんでしたが、今年は9回2死までノーヒットピッチングを見せたり
球のキレと投げるときの体の動かし方バランスが良くなっているような気がします。
そのため、しなやかな腕からリリースされる球にキレが出てきて
MAXで144km/h(たまにスマホみてたからたぶんそうだと思う)も出てたし
S近藤のようなセットポジションからのサイドステップが
いい効果をもたらせてるんではないかと。


打者ではこの日満塁弾を含む2HR9打点の活躍だった新山。
昨年は思い切って振ってただけのようにも見えたのですが、
今日のスイングを見ていると球を迎える余裕ができて
コンパクトにバットが出るようになった気がします。
昨年清原和博が総監督で話題になった(?)ワールドトライアウトに
参加した一人で、NPBでいうとF清宮タイプ。左の若き和製大砲にも注目。

 

さて先程のスコアボード、あれが結果なのですがなにか気づきませんか?

f:id:shiny1114:20200712001227j:plain

 

7回裏で終わってますよね?

今年BCリーグでは新型コロナ対策で長時間同じ場所にできるだけいないよう
7回以降、試合時間が2時間45分を過ぎた時点で次の回に入らない
という特別ルールが適用されています。
(スタンドでBCリーグのスタッフにルール確認してた栃木ファンがいたw)
きょうは13時30分試合開始なので、
その2時間45分後の16時15分がタイムリミットとなります。

ホームチームが勝っている状態でビジターチームが攻撃している間に
イムリミットを迎えるとそのイニングで終了。
ただし、ビジターチームが負けている状態でタイムリミットを迎えずに
その裏のホームチームの攻撃でタイムリミットを迎えた場合は
その打者限りで試合が打ち切りになります。

きょうの場合、茨城が負けている状況で7回表を終了しても
イムリミットを迎えなかったため、裏の栃木の攻撃がありました。
しかも新山がこの日2本目のツーランを放って2点を追加、
また9番秋庭が凡退した時点でタイムリミットを迎えたため、
次打者であるルーキーの宇賀神が打席に立つ前に試合が終了してしまったので、
これには宇賀神も苦笑いしてましたわw

f:id:shiny1114:20200712004007j:plain

今年から入団した成瀬(前オリ)は元気でしたよ

明日は一般入場がOK…といっても開催球場である足利市民と
両チームのファンクラブ会員とスポンサー関係者のみの入場ができ、
一般入場が本格的にOKになるのは7/17小山での神奈川戦からになります。

f:id:shiny1114:20200712003903j:plain

チアチームGOLDRUSHも少数精鋭でがんばってます

【BCリーグ】20190420栃木GB×福井ME

 

いろいろあって久しぶりにブログ更新となります。
ブログを休んでいた間もTwitterは更新していましたが
今度の大型連休中に過去の話もしていきたいと思います。

---

さて、今年もBCリーグ栃木ゴールデンブレーブスの試合が
今週末佐野で2連戦が行われましたのでそのレポです。

f:id:shiny1114:20190421233401j:plain

BCリーグは東と西の2リーグ制で、年に1試合西地区の各チームとの交流戦があるのですが、今年は福井ミラクルエレファンツとの試合がありました。

福井には先月末に電撃入団した前スワローズの大松尚逸がおり、監督も前スワローズの田中雅彦とスワローズファンの自分にとっては俺得なカード。
今年栃木に入団した西岡剛と大松の元マリーンズ同僚対決という一戦でもありました。

f:id:shiny1114:20190421234125j:plain

この日のスタメン。西岡は1番DH、大松は4番DHで先発出場。

f:id:shiny1114:20190421234444j:plain

メンバー交換のときの栃木寺内監督と福井田中監督。なに話してるんだろ。

今季佐野初開催ということで、副市長と市議会議長さんのありがたいお言葉をいただいたあと、国歌斉唱とおなじみの栃木県民の歌斉唱。

f:id:shiny1114:20190420234701j:plain
f:id:shiny1114:20190421235540j:plain
この日の始球式はIBAF女子野球W杯で日本初優勝のメンバーだった高島知美さん。

f:id:shiny1114:20190421235824j:plain

佐野市ブランドキャラクターさのまるも登場

栃木の注目はなんといっても、今年入団した西岡剛。縁もゆかりもない栃木からNPBへ向けての再出発。

f:id:shiny1114:20190422000349j:plain

第2打席で左中間への2塁打を放ち、先制のホームイン。前の攻撃回まで点を取るきっかけがなかったところでの出塁で空気を換えたのはさすがスター選手といったところ。
指名打者だったので守備は見られませんでしたが、走りを見る限りは足の心配もなく
まだ現役で全然いける感じでした。ただ第3打席で左足のすねに自打球を当ててしまい、次の打席で代打を告げられてこの日は3打数1安打でした。

f:id:shiny1114:20190422000423j:plain

前の打者のバットを西岡が拾ってボールボーイの子に渡そうとしたときにバットを回転させてわざと取らせないようにしたのを見てスタンドから「意地悪いw」という声も。でも子供達に優しく接してるところが目立った。

f:id:shiny1114:20190422000929j:plain

一方福井の大松は3打席立って2打数1安打1四球。3打席目にライト前ヒットを放ったところで代走が出されて交代となりました。前日はDAZNで野球解説の仕事でこの日の朝にチームに合流したということもあってか早めの上がりでしたが、そのあとはベンチの隅で選手に向かって声掛けてました。

f:id:shiny1114:20190422001548j:plain

ベンチに下がった大松。気分はすでに監督かコーチか。

f:id:shiny1114:20190427005443j:plain

対戦相手の福井応援団は思ったよりも多く来ていて、ラッパの演奏も栃木応援団と
同じぐらい上手。応援歌に石毛宏典松井稼頭央などライオンズを中心とした
パリーグの選手応援歌をそのまま使っていたり、チャンステーマに全開HONDAを
使ってうちわを持って応援するなど、マニアックな人ならハマるかも。

f:id:shiny1114:20190422001958j:plain

こういう象の被り物見るとどうしても某宗教団体を思い出してしま…

BCリーグは資金面で厳しく、普段使用している野球用具もNPB球団のお下がりを使っているところがほとんどで、福井のキャッチャーがつけていたレガースもスワローズの選手が使ってたものでした。先発マスクの坂本選手がつけていたのは田中監督が現役時代に使用していたものを使っていました。

f:id:shiny1114:20190422002749j:plain
f:id:shiny1114:20190422002757j:plain

 

試合はというと、3-0で栃木の勝利。
見た目はいい試合っぽいですが栃木の1、8回以外毎回ランナー出ても得点に結びつかないイニングばかりの残塁まつり(残塁11)。

f:id:shiny1114:20190427004309j:plain

 

先発の若松(元ドラゴンズ)が12奪三振の好投で今季初完封の2勝目をマーク。

f:id:shiny1114:20190427002738j:plain

ストレートの球速が遅いのがネックでチェンジアップを多投するのが前所属球団から退団した原因とかネット上で言われてましたが、確かに球速は遅いw
でもこの日の球のキレが良く、ストレートを中心にチェンジアップやスライダーで相手バッターのタイミングを狂わせてたくさんの三振を奪いました。
ヒーローインタビューでは女房役の橋本を褒めてましたが、かつてはNPBで読売相手に完封勝利、しかもNPB復帰を目指すというのであればレベル的にこれくらいはシーズンに何度かやって欲しい気はしますね。

 

f:id:shiny1114:20190427003613j:plain

我らがヤスシは西岡の代打で出てきて、センターフライと見逃し三振で2打数ノーヒット。

f:id:shiny1114:20190427004120j:plain

オリックスの塚田。1回1/3を無失点。ヤスシとの白鷗大対決はなかった。

f:id:shiny1114:20190427005638j:plain

暑い中でも笑顔で頑張っていたチアのおねいさんたち。癒し。

佐野での試合は翌日もありました。
そのレポートは次に書きます。

【20180721東京ヤクルト×中日】TOKYO燕プロジェクト

毎年神宮夏恒例のTOKYO燕(えん)プロジェクト(以下燕プロ)に行ってきたレポです。


f:id:shiny1114:20180721223828j:image

神宮を緑に埋めようというコンセプトの燕プロ。今年も緑色のオリジナルユニホームが配られるとあって、この日のチケットは1週間ほど前に完売。

17時30分近くに現地に着いたのですが、大混雑。
通常は並ばない6番入り口もグッズ売り場の奥まで並んでる賑いぶりだったのでオリジナルグルメとか買いに行く暇がなかったですねえ…。

ユニホームは各入り口でチケットと引き換えにもらえる形で、選手の名前が入れられるグレードアップ版は特設のテントで青木、山田、坂口専用と背番号別に別れてる窓口での受け渡しになってました。受け渡し方式が年を追うごとに配布方法をよく考えてると思いますね。

 

今年の燕プロでは「グリーンライト点灯」企画というスマートフォンのライト機能に緑色のフィルタを掛けて、神宮を緑色に染めようということで入口で配られたのがこれ。

 

 

 


f:id:shiny1114:20180721224434j:image

 

緑色のプラ板じゃないか。

一緒にいた友達は「ぎょう虫検査のフィルムかよ」と見事なツッコミをしたので思わず村西監督のフレーズを言いそうになった。

てっきり緑色のセロハンだと思った、というか球団公式HPを見たときに「フィルムをはがす」と書いてたので透明なフィルムをはがして貼り付けると思っていたら、まさか両面テープのはくり紙をはがしてスマホのライトにかぶせるとは思わんかった。

いまつけてしまうと、スマホで写真撮ると緑色に染まってしまって昆虫の視界みたいになるのでそのまま持っておいた。嫌な予感しかしない。


f:id:shiny1114:20180721232414j:image

今日はセンターからレフト側7ブロックまでがスワローズファン応援席。
ドラゴンズファンがレフトポール際に追い込まれた状況にトラブルは起きなかったのか気になる。

 

f:id:shiny1114:20180722232311j:plain
f:id:shiny1114:20180722232335j:plain
インターバル間にもグリーンライト企画の説明があった

 

まずは前半まとめ。

S先発は石川。
2回表に荒木2ベースヒットのあと、福田にセンター左に2ランHR。この2人には球が甘いとこ入ってしまってましたねえ。あとは緩急自在で良かった。3巡目で捕まってなければもっと長いイニング投げてたんでしょうねえ。

打線はハタケの選球が良くて、ハタケの前にランナー溜まらないかなあと思ってたんですが、それが西浦に回って来て→凡退→無得点。点がなかなか入らない展開に重い空気が球場内に漂っている状態に。3点ビハインドのまま5回が終了。

f:id:shiny1114:20180722233327j:plain

きょうも決まらないつば九郎先生の帽子キャッチ


5回裏終了ということは、入場時に配られた緑色のフィルタが発揮される時間がやってきましたよ。

 

さあ緑色に輝くスタンドをご覧いただきましょう。

 

 

 

f:id:shiny1114:20180721234359j:image

 

うーん…確かにきれいなんだけどね。


やっぱり照明を少し落とさないと映えないかなあ。みんなライトをスタンドに向けてるから全体の様子もわからん。


ベイのスターライトなんちゃらとかはナイター照明がLEDなので簡単に消したりつけたりできるので、光を使ったイベントが可能なんですけど…やっぱり物足りない感。


f:id:shiny1114:20180721235550j:image

『夏祭り』のイントロに合わせて緑色のライトを左右に振って、イントロ終了と同時にドーン!と花火300発が打ち上がりました。

これぞ金鳥の夏、日本の夏。

 
f:id:shiny1114:20180722000325j:image

試合後半、D先発小笠原をなかなか捕らえられなかったスワローズ打線でしたが、6回裏に出た山田の21号ソロHRで試合が動く。その後西浦のタイムリーで2点差としたところで小笠原をやっと降板させることができ、中継ぎ勝負に。

 

f:id:shiny1114:20180722235534j:plain

ドアラ先生。バレンティンに持ってた旗をピストルに見立てて撃ってたw

7回裏1死満塁からハタケのタイムリーで1点差、続く川端のショートゴロの間に同点に追いついて。試合は9回へ進みます。

 

9回表、S守護神石山が先頭の福田にきょう2本目のソロHRを被弾されてリードを奪われて9回裏へ。
D抑えのルーキー鈴木博が登板。しかしスワローズは3番山田から。バレ、ハタケと1発で同点にできる好打順。

先頭の山田がストレートの四球で出塁。
バレの初球に山田が盗塁成功。D捕手の大野の送球も良かったのですが、山田のスタートと加速が良くてナイス盗塁でしたね。しかもバレの遊ゴロの間に進塁した判断も素晴らしかった。

すると続くハタケが打ったワンバウンドの打球がセカンドの頭を越える同点タイムリー。これも技ありの一打。ハタケは2打点とも同点タイムリー。オイラの言う通りになってくれた。

 

そして…

 


f:id:shiny1114:20180722001645j:image

 

川端のサヨナラ2ランHR!
カウント2-1からストレートを振り抜いて、打った瞬間でしたね。
神宮球場大興奮でしたよ。

 

f:id:shiny1114:20180722231331j:plain

ヒーローインタビューはもちろん川端。
プロで初めてのサヨナラHRなんだとか。

打った川端も嬉しそうでしたね。

 

f:id:shiny1114:20180722231139j:plain

 

神宮からの帰りはいつもバスタ新宿から高速バスに乗って帰るんですが、燕プロユニを着た同志がバスタにもたくさんいました。

 

f:id:shiny1114:20180722232143j:plain

同じ便に同志が4人も乗ってたのには驚いたw

 

燕プロユニでドラゴンズ戦3連勝。
この勢いで首位追撃と行きたいものですね。

 

高校野球中継

高校野球の地方大会が始まりました。

地方大会は主に主催者の系列であるテレビ朝日系列の放送局が中継するところがほとんどですが、関東や関西などではテレ玉tvkといった独立局で放送されている地域もあります。


我が家はCATVに加入していて、関東の独立局全てのテレビ局を見ることができるので、それを利用して高校野球中継のザッピングに忙しい時期です。

 

関東に引っ越して独立局の高校野球中継で目につくのは、中継中に広告が出るということ。
地方にいた頃はそんなものがなかったわけで、どうしても広告に目が行ってしまいます。

 

住んでいる栃木県ではとちぎテレビというテレビ局がありますが、
得点時に足利銀行、攻守交代時のランニングスコアには栃木銀行と栃木が誇る地銀が広告を出していますが、その他のスポンサーはCMのみ。(ちなみに足利銀行は青、栃木銀行は緑のコーポレートカラーをそのままテロップにも使っているところが凝ってる)


一番広告が多いのはテレ玉(テレビ埼玉)ですかねえ。
得点時、攻守交代時に加えて投球の間にもテロップが出て
『がんばれ!埼玉球児 ○○工業』とか
『がんばれ◻︎◻︎高校! ◻︎◻︎高校野球部父母会』とか
父母会から広告出すんかい!とどれだけ広告費取ってるんでしょうかね。

 

あと高校野球中継ってなぜか葬儀屋のCM多くありません?

見ているファン層が年齢高めだからなんでしょうか。
選手が頑張っている間に葬儀のご用命は?とか言われても
ピンと来ないんですけどね。いいスポンサーさんなんでしょうねw

 

あと、地方局の中継はフリーアナウンサーの方々が
実況として活躍する場でもあって

ウイニング競馬で実況している矢野吉彦さんや
オートレースパワプロ実況の堂前英男さんとか
マリーンズナイターNACK5『SPO−NOW』の

 

小笠原Saaaaaaaaaaaaaay‼︎
バカボン鬼塚さん風に)

 

さんとかw

いろんなところで活躍されているアナウンサーさんの実況される
試合のカードは必ずチェックして見てますね。

JSPORTSでもおなじみの大前一樹さんも和歌山放送ラジオで実況されてるとか。
メモメモ…

 

今年はシード校が初戦で敗れる地区が多いと言われてる地方大会ですが
今週からそろそろ準々決勝〜決勝が行われる地域も出てきますね。

 

今年の夏も白熱した試合を存分に味わいたいものです。

【栃木×楽天】BCリーグ交流戦に行ってきた

きょうは佐野市運動公園野球場で行われたBCリーグ交流戦
栃木ゴールデンブレーブスVS東北楽天ゴールデンイーグルス戦を見に行ってきました。

f:id:shiny1114:20180708231752j:plain

楽天と言ってもファーム(2軍)
と言っても育成選手中心のほぼ“3軍”のメンバー。
(本隊はイースタンリーグの試合があるため)
なので帯同している選手も野手9人、投手8人とギリギリ。
怪我したらどうすんねんという感じですが。

f:id:shiny1114:20180708232136j:plain

きのうは七夕ということで、あんたの夢かなえたろかSPみたいな
実現してみたいことをファンから募集して
選手とのキャッチボールやら選手の呼び出しとか試合前から
いろんなことやってましたね。

f:id:shiny1114:20180708233554j:plain

きょうのスタメン。栃木先発は前田、楽天先発は西口

試合前に栃木の選手のサインが入ったTシャツやらタオルやらボールやらをスタンドに投げ込んでたんだけど、Tシャツやタオルは全然飛ばないので前にいた人たちがすっごいラッキーだったはず。

f:id:shiny1114:20180708232220j:plain

近くにいたおじさんが村田修一サイン入りのTシャツをゲットしたんだけど、Mサイズで着られないからって隣にいたおばさんにあげてた。

 

試合前から音響の調子が悪くて、マイクの電源を入れると
「ブブブブブ…」とファミコンキン肉マンマッスルタッグマッチ
電流が流れるロープに超人が触って痺れると流れる音みたいなのが流れて
主審に「(マイクの)電源切って!」と言われ、
君が代が途中で切れたり、始球式の紹介もまともにできないわで
球場の音響の調子が悪くて市民としてはとてもお恥ずかしい。
電気系統直すよう岡部(市長)に言っておきますんで。

 

いつもダラダラとレポート書いていても読む方も疲れると思いますんで、
今回は結果から。

f:id:shiny1114:20180708234155j:plain

ご覧の通り、楽天の勝ちです。昨日に続いての連勝。

栃木は1裏のチャンスを逃したのがすべてで、あとは西口に要所を抑えられた感じ。
非公式戦なので兼任コーチである八木の出場もなく、ヤスシも2打席でいなくなり、村田もノーヒットとさっぱり。

f:id:shiny1114:20180708234658j:plain

楽天の選手で目を引いたのがDHと捕手で出場していた石原(2年目)。
この体格でとても19歳とは思えん。高校時代は「京都のドカベン」と呼ばれたらしい(ベースボールタイムズさん選手名鑑より)。

 

f:id:shiny1114:20180708234917j:plain

わざわざ佐野まで来た楽天ファンの強者も何人かいらっしゃってて
「○○選手がウチの近くに住んでる」とかプライバシーダダ漏れな話してた。
選手の名前入りタオルなら各球団あるけど、「打ってほしい」というは初めて見た。
なんでもあるな、あの球団。


非公式戦なので守備位置入れ替えでDHと捕手の入れ替えとか初めて見た。
さらに2選手間での守備位置入替もあったんだけど、なぜかファーストの山田だけ
入れ替えがなかったんだけど、まさかの仲間はずれか(んなわけないだろう)。

 

f:id:shiny1114:20180708235950j:plain

点は入らなかったとはいえ、トランペットの応援に合わせて手拍子も起こってたので
そこそこ盛り上がってた。ただリードの方がさのまる音頭の歌詞をコールに用いてたけど、市民でもさのまる音頭知らない人多いんじゃないかと思う。

 

f:id:shiny1114:20180709000502j:plain

試合終了後、選手が試合後の挨拶を終えた後、上に写ってる帽子被ったおっさんが応援団に向かって大声で

 

「あのさー!本当はオレ、ヤクルトファンなんだけどさー!今まで応援しなかったけどこれからも栃木を応援するよ!」


と言って応援団が困惑してた。

 

あたた…そんなこと言われたらスワローズファンとして恥ずかしいんだけど。

 

ということで今回はあっさりな試合展開だったので
あっさりめなレポートでした。

 

栃木の試合は来月また佐野であるので、そこともう1試合…シーズン最終戦あたりかなと思います。

 


スワローズの試合レポも書かなきゃ…。

【大人の自由研究】2018関東酷暑ダービー

きょうから7月ですね。


関東地方は史上最速の梅雨明けでこれから夏本番。
毎日の最高気温が気になるところ。

ということで夏の大人の自由研究と題して
こんなことを企画してみました。

 

関東酷暑ダービー

 

夏になるとニュースで最高気温のランキングが
毎日のように発表されますが、
それをレース仕立てにしてしまおうというのがこの企画です。

では、関東酷暑ダービーに出走する地点18か所はこちら。

f:id:shiny1114:20180701002106j:plain

 

≪出走地点選定方法≫

  • 気象庁が設置している関東1都6県の計測地点で昨年(2017年)7/1~8/31の平均気温が高かった上位15地点(1~7枠、①~⑮番)
  • 平均気温上位15地点以外で最高気温ランキング1位の回数が高かった3地点(8枠、⑯~⑱番)

出走地点は最高気温ランキングでよく見かける地点ばかりですね。

 

≪ルール≫

  • 7/1~8/31の2か月間(62日間)毎日の最高気温ランキング1位の回数が
    どこが一番多いかを争う。

平均気温の高さではありません。
日々の最高気温ランキング1位を何回取ったかを争います。
ただし、出走18地点が1~3位どれにも入らない場合もありますが、
それは全地点着外(4着以下)としてカウントします。
全部の地点が2か月間全部着外とは考えられないと読んでます。

 

≪レース展開≫

前述の出走表の右下に「波乱含み」と書きました。

その理由はこちらです。

 

館林のアメダス地点変更

 

夏になるとこの都市の名前を聞かないと思います。
群馬県館林市

その館林ですが、気温を測るアメダスの機械が
今年6月に館林消防署から館林高校の敷地内へと移動しました。

  

旧地点から新地点に移り、気温が平均1℃下がったとも言われています。

昨年の夏はランキング1位を21回記録しましたが
日々の気温から1℃ずつ下げると1位が7回に減ります。

≪2017年最高気温ランキング1位回数≫
1位:館林 21
2位:鴨川  7
3位:鳩山  6
4位:茂原  5
5位:越谷  3
5位:大子  3

※館林の平均気温が1℃下がると仮定した場合
1位:鳩山  9
2位:館林  7
2位:鴨川  7
4位:伊勢崎  5
4位:桐生  3
5位:大子  3

そうなると他の地点が1位になる回数が増えるので
混戦、波乱もあるのではと思われます。

 

結果は2か月後になりますが
夏の楽しみのひとつとして見ていただければと思います。